image

守秘義務・個人情報管理について

2021.12.07

守秘義務とは

守秘義務は、探偵や公務員、弁護士、司法書士など、その職務の特性上、秘密と個人情報の保持が必要な職業について法律に定められているもので、これらの業務を扱うものが秘密を守らなければならない義務のことを言います。

これらの法律上の守秘義務を課されている者が、正当な理由(令状などによる強制捜査など)がなく、知り得た秘密を漏らした場合、処罰の対象となるほか、営業許可等を剥奪されることもあります。

T.L探偵事務所は、個人情報の重要性を認識し、その保護の徹底をはかるため、探偵業法、個人情報の保護に関する法律が定めた事業別ガイドライン、その他関連する法令等を遵守するとともに、個人情報を、以下により取り扱うこととします。

守秘義務・情報管理について(プライバシーポリシー)

T.L探偵事務所の守秘義務

探偵

探偵業適正化法 第10条第1項

「探偵業者の業務に従事する者は、正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。探偵業者の業務に従事する者でなくなった後においても、同様とする。」

探偵業適正化法 第10条第2項

「探偵業者は、探偵業務に関して作成し、又は取得した文書、写真その他の資料(電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。)を含む。)について、その不正又は不当な利用を防止するため必要な措置をとらなければならない。」

探偵興信所・守秘義務個人情報の第三者への開示・提供の禁止

T.L探偵事務所は、依頼人の方からお預かりした情報、調査において取得した情報、依頼人の個人情報を第三者へ開示することは一切ないことを約束します。

社内の中でも調査に関わるスタッフ以外に情報が漏れることはなく、個人情報に関わるものに関しては全て鍵付きの保管場所で保管を徹底しています。

T.L探偵事務所の個人情報管理

個人情報に関する方針

探偵

法令の順守

T.L探偵事務所は、探偵業法に則って個人情報に関する法律、その他個人情報の取扱いに関して全てのスタッフが法令厳守を約束します。

情報収集の過程で知り得た個人情報の管理

T.L探偵事務所は、ご依頼人の情報を含め調査対象者及び調査業務上収集した個人情報の取り扱いについて、その漏えい改ざん滅失棄損等を防止するため必要な措置を講じ、個人情報を適切に管理いたします。

個人情報の使用目的

T.L探偵事務所は、お預かりした調査に関して収集した個人情報を調査目的以外に使用することは一切ありません。依頼人の方の希望以外で第三者へ開示することはないので、ご安心ください。

しかし、警察や裁判所、その他法令の定めによる権限を持つ機関からの開示要請がある場合には応じる場合もございます。

個人情報保護

T.L探偵事務所は、個人情報保護に関する法令の変更や探偵業法の変更があった場合は、随時、個人情報保護に関する方針の更新を行っております。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

個人情報保護・守秘義務に関するご意見の対応

「個人情報保護」「守秘義務」に関するご意見やご質問などがありましたら、お気軽にお問合せください。

お問い合せ先

当法人の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
T.L探偵事務所
東京都港区新橋4丁目31-3 第三名和ビル8F
TEL:050-6868-4128
Mail:お問い合わせフォームからご連絡ください

関連記事

T.L探偵事務所が選ばれる理由

今すぐ相談する!

0120-959-606

24時間365日 通話料・相談料無料

ご不安な方は匿名でも構いません
円くらい
  • 守秘義務・個人情報管理について